中小企業診断士、社会保険労務士、経営・人事・労務問題、創業支援等専門知識でサポートします

経営お役立ち情報

ものづくり・商業・サービス高度連携促進事業(補助金)
( 2020.5.15)

▼概要
本事業は、中小企業・小規模事業者が高い付加価値を創出し、生産性の向上を図れるよう、複数の中小企業・小規模事業者等が連携して取り組む生産性向上に資する高度なプロジェクト等に係る経費の一部を補助するものです。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

長期優良住宅化リフォーム推進事業(補助金)
( 2020.5.15)

▼概要
既存住宅の性能向上や子育てしやすい環境等の整備に資する優良なリフォームを支援する「長期優良住宅化リフォーム推進事業」について補助対象事業を募集します。
・性能向上リフォーム工事等に要する費用
・子育て世帯向け改修工事に要する費用
・建物の現況調査、履歴作成、維持保全計画作成等に要する費用

▼詳細
「国土交通省」
詳しくはこちらへ

2020年版「中小企業白書」「小規模企業白書」
( 2020.5.15)

▼概要
2020年版白書では、中小企業・小規模事業者に期待される「役割・機能」や、それぞれが生み出す「価値」に着目し、経済的な付加価値の増大や、地域の安定・雇用維持に資する取組を調査・分析しました。
また、新型コロナウイルス感染症の影響や、中小企業・小規模事業者における具体的な対応事例等についても掲載しています。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


「持続化給付金」の申請要領等を公表
( 2020.5.1)

▼概要
持続化給付金は、新型コロナウイルスの影響を受けている中小企業・個人事業主(フリーランス)に対し、返済不要の給付金(現金)を支給するというものです。
売上高が前年より50%以上減ったことを条件に、中小企業には最大200万円、個人事業主(フリーランス)には最大100万円が支給されます。
申請の受付は補正予算成立後となりますが、申請の準備をしておくことはできます。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

地域・企業共生型ビジネス導入・創業促進事業補助金
( 2020.5.1)

▼概要
単独もしくは複数の中小企業等が、複数の地域に共通する地域・社会課題について、技術やビジネスの視点を取り入れながら、複数地域で一体的に解決しようとする事業(実証プロジェクト)について、その経費の一部を補助します。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

共同・協業販路開拓支援補助金
( 2020.5.1)

▼概要
本事業は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入等)等に対し、地域振興等機関(地域に根付いた企業の販路開拓を支援する機関)が中心となって地域経済を支える中小企業・小規模事業者を取りまとめ、互いに足らざる経営資源を補いながら商品やサービスの販路開拓に取り組む事業に対して経費の一部を補助します。

▼詳細
「全国商工会連合会」
詳しくはこちらへ


事業承継補助金
( 2020.4.15)

▼概要
事業承継、事業再編・事業統合をきっかけとした、中小企業者等による経営革新や事業転換への挑戦を応援するため、「事業承継補助金」を実施します。
(1) 事業承継(代表者の交代)を行う「後継者承継支援型」
(2) 事業再編・事業統合を行う「事業再編・事業統合支援型

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

中小企業組合等課題対応支援事業(補助金)
( 2020.4.15)

▼概要
中小企業が単独では解決することが難しい問題(ブランド化戦略、事業分野の活力低下、技術・技能の承継の困難化、環境問題等)に対して、中小企業が連携して取り組む調査やその実現化について、全国中央会から補助を行うものです。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

「中小M&Aガイドライン」
( 2020.4.15)

▼概要
後継者不在の中小企業にとって、M&Aを通じた第三者への事業の引継ぎは、事業承継の重要な手法の一つですが、中小企業経営者の中には、M&Aに関する知見を有しておらず、長年経営してきた自社を第三者に「売る」ことを躊躇する者も存在します。また、中小企業におけるM&Aが円滑に促進されるためには、仲介業者や金融機関などのM&A支援機関が、適切に支援を実施することが重要です。
こうした現状を踏まえ経済産業省では、平成27年策定の「事業引継ぎガイドライン」を全面改訂し、「中小M&Aガイドライン」を策定しました。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


サポカー補助金
( 2020.4.1)

▼概要
「サポカー補助金」とは、経済産業省による自家用自動車を対象とした「安全運転サポート車普及促進事業費補助金」及び国土交通省による事業用自動車を対象とした「安全運転サポート車普及促進に係る自動車事故対策費補助金」の総称です。
「サポカー補助金」は、“安全運転サポート車の車両(新車・中古車)購入補助と“後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置”導入補助の2種類の補助制度で構成されます。

▼詳細
「一般社団法人 次世代自動車振興センター」
詳しくはこちらへ

新技術開発助成
( 2020.4.1)

▼概要
新技術開発助成は、新技術を考案し実用化まであと一歩、これなら未来に貢献できる、そんな技術開発の途上にある中小企業を市村清新技術財団が応援します。
以下のような要件をすべて満たした技術開発が助成対象となります。
(1) 独創的な国産の技術で、基本技術の知的財産権が特許出願等により主張されていること
(2) 実用化を目的にした開発試作であること
(3) 開発予定期間が1年以内であること
(4) その技術の実用化で経済的効果が大きく期待できること

▼詳細
「公益財団法人 市村清新技術財団」
詳しくはこちらへ

4月から原則室内禁煙
( 2020.4.1)

▼概要
2020年4月から原則屋内禁煙が義務化され、喫煙には、各種喫煙室の設置や運用に関する様々なルールの遵守が必要です。
飲食店やオフィス等の多くの人が利用する様々な施設は原則屋内禁煙となり、違反者には罰則が課せられることもあります。

▼詳細
「厚生労働省 特設サイト」
詳しくはこちらへ


ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金
( 2020.3.15)

▼概要
本事業は、中小企業・小規模事業者等今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。

▼詳細
「全国中小企業団体中央会」
詳しくはこちらへ

小規模事業者持続化補助金
( 2020.3.15)

▼概要
小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、小規模事業者等が取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助します。
今回の公募にあたっては、政策上の観点から下記のような取り組みに対して重点的な支援を図ります。
(1) 新型コロナウイルス感染症により経営上の影響を受けながらも販路開拓等に取り組む事業者
(2) 賃上げに取り組む事業者
(3) 計画的に事業承継に取り組む事業者
(4) 経営力の向上を図っている事業者
(5) 地域の特性・強みを生かして高い付加価値を創出し、地域経済への影響力が大きく、その担い手となりうる事業に取り組むことが期待される企業として経済産業省が選定した事業者等
(6) 過疎地域という極めて厳しい経営環境の中で販路開拓等に取り組む事業者

▼詳細
「日本商工会議所」
詳しくはこちらへ

IT導入補助金
( 2020.3.15)

▼概要
本事業は、ITツール(ソフトウエア、ITサービス等)のサービスを導入しようとする事業者に対して、その事業費等の経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者の経営力向上を図ることを目的としています。
補助金の申請は、「IT導入支援事業者」による代理申請になりますので、申請書類作成での不安がある方でも大丈夫です。

▼詳細
「一般社団法人 サービスデザイン推進協議会」
詳しくはこちらへ


JAPANブランド育成支援等事業(補助金)
( 2020.3.1)

▼概要
本事業は、全国展開や海外展開、インバウンド需要の獲得のために、新商品・サービス開発や販路開拓・ブランディング等の取組を中小企業者等が行う場合や、複数の中小企業者を対象とした全国展開や海外展開、インバウンド需要の獲得のための支援を中小企業者や地域の支援機関等が行う場合に、その経費の一部を補助するものです。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)(補助金)
( 2020.3.1)

▼概要
本事業は、中小企業者が産学官で連携し、また異業種分野の事業者との連携を通じて行う新しいサービスモデルの開発等のうち、地域経済を支えるサービス産業の競争力強化に資すると認められる取組について支援します。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

WEBee Campus(ウェビーキャンパス)
( 2020.3.1)

▼概要
WEBee Campus(ウェビーキャンパス)は、職場にいながら受講できる中小企業大学校の新しい研修スタイルです。
研修はWeb会議システムを利用しリアルタイムの双方向通信で行います。
少人数制のオンラインゼミナールや動画教材を通じて、中小企業で活躍する人材を実践的に育てます

▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ


商店街活性化・観光消費創出事業(補助金)
( 2020.2.15)

▼概要
商店街を活性化させ、魅力を創出するため、近年大きな伸びを示しているインバウンドや観光等といった、地域外や日常の需要以外から新たな需要を効果的に取り込む商店街等の取組を支援することにより、地域と連携して魅力的な商業・サービス業の環境整備等を行い、消費の喚起につなげることを目的とした事業です。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

新型コロナウイルスに関する相談窓口を開設
( 2020.2.15)

▼概要
経済産業省は、今般の新型コロナウイルスの流行により、影響を受けるまたは、その恐れがある中小企業・小規模事業者を対象として下記の相談窓口を設置します。
日本政策金融公庫、商工組合中央金庫、信用保証協会、商工会議所、商工会連合会、中小企業団体中央会及びよろず支援拠点、並びに全国商店街振興組合連合会、中小企業基盤整備機構及び各地方経済産業局等に「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」を設置し、中小企業・小規模事業者からの経営上の相談を受け付けます。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

地域観光資源の多言語解説整備支援事業
( 2020.2.15)

▼概要
本事業は、訪日外国人旅行者が地域を訪れた際、観光資源の解説文の乱立や、表記が不十分なため、観光地としての魅力が伝わらないとの声があることから、観光庁が関係省庁等と連携して多言語解説の専門人材をリスト化し、派遣体制の構築、解説文作成等の支援を行うことで、旅行者にとって分かりやすく地域の面的観光ストーリーを伝える魅力的な解説文を整備するものです。

▼詳細
「観光庁」
詳しくはこちらへ


地域企業に学ぶテレワーク実践事例集(総務省)
( 2020.2.1)

▼概要
テレワークは、情報通信技術を利用し時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。子育て世代、障がいのある方も含め、国民一人一人のライフステージや生活スタイルに合った柔軟な働き方を実現する重要なツールと捉え、関係府省、団体が一体となって普及促進のための様々な施策に取り組んでいます。
総務省では、全国各地で実施されているテレワークの取り組みをまとめた事例集を作成しました。

▼詳細
「総務省」PDF
詳しくはこちらへ

「税務相談チャットボット」の試験導入
( 2020.2.1)

▼概要
チャットボットとは、「チャット(会話)」と「ロボット」を組み合わせた言葉で、利用者が知りたい情報について、メニューの選択や、フリーワード(話し言葉、キーワードなど)を入力すると、AI(人工知能)を活用して自動で回答を表示するシステムをいいます。
本システムは、税に関する疑問を、曜日や時間に関係なく気軽に質問できたり、国税庁ホームページに掲載されている情報へより短時間でたどり着くことができます。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ

「確定申告」 ネットで自動計算
( 2020.2.1)

▼概要
確定申告の時期が近づいてきました。ほとんどの給与所得者は、年末調整で所得税が精算されるため確定申告をする必要はありません。
しかし、給与所得者でも確定申告が必要な場合や、確定申告をすると源泉徴収された所得税が還付される場合があります。
自分で確定申告をしてみようという方は、下記サイトを参考に頑張ってみてください。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ


戦略的基盤技術高度化支援事業(補助金)
( 2020.1.15)

▼概要
本事業は、中小企業・小規模事業者が、立体造形技術や精密加工技術等のものづくり基盤技術の高度化に向けて、大学・公設試等と連携して行う研究開発等を行う事業が支援対象となります。
具体的には、中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律(平成18年法律第33号)第3条に定める「特定ものづくり基盤技術高度化指針」に沿った研究開発等を行う事業が支援対象になります。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

伝統的工芸品産業支援補助金
( 2020.1.15)

▼概要
本補助金制度は「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」の規定に基づき経済産業大臣が指定した工芸品の組合、団体及び事業者等が実施する事業の一部を国が補助することにより、伝統的工芸品産業の振興を図ることを目的としています。
各産地における伝統的工芸品の、原材料確保対策事業、若手後継者の創出育成事業のほか、観光業など異分野や他産地との連携事業、国内外の大消費地等での需要開拓などに対して支援を行います。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

令和2年度税制改正概要(中小企業・小規模事業者関係)
( 2020.1.15)

▼概要
令和2年度税制改正(中小企業・小規模事業者関係)では、オープンイノベーション税制の創設、エンジェル税制の拡充、少額減価償却資産の取得価額の特例措置、交際費課税の特例措置、再編・統合等に係る税負担の軽減措置の延長等を行いました。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ


サポカー補助金の対象となる車種・グレード等
( 2020.1.1)

▼概要
12月13日に閣議決定された補正予算案に、65歳以上の高齢運転者による衝突被害軽減ブレーキや、ペダル踏み間違い急発進等抑制装置が搭載された安全運転サポート車の購入等を補助する「サポカー補助金」が盛り込まれました。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

意匠法が改正されます。(令和2年4月1日施行)
( 2020.1.1)

▼概要
明治時代以来、意匠権として法律で保護され、独占できる対象は「物品(=有体物である動産)の形状や色彩など」に限られていましたが、今回の改正で、無体物である「画像」、不動産である「建築物」、「内装」まで保護する対象となります。
これまで意匠法とあまり関係の無かった業界、特にWebアプリに関わる業界や建築物、内装に関わる業界の方々は、今後は自分が作成、建築するものが他社の意匠権を侵害していないか、注意する必要が出てきます。

▼詳細
「特許庁」
詳しくはこちらへ

下請かけこみ寺
( 2020.1.1)

▼概要
下請かけこみ寺」事業は、中小企業庁からの委託事業で、中小企業の取引に関する様々な相談を無料で受け付けています。
相談例
・支払日を過ぎても代金を支払ってくれない
・原材料が高騰しているのに単価引き上げに応じてくれない
・発注元から棚卸し作業を手伝うよう要請された
・お客さんからキャンセルされたので部品が必要なくなったと言って返品された
・「歩引き」と称して、代金から一定額を差し引かれた
・長年取引をしていた発注元から突然取引を停止させられた

▼詳細
「公益財団法人 全国中小企業取引振興協会」
詳しくはこちらへ


中小企業・小規模事業者の人手不足対応事例集
( 2019.12.15)

▼概要
人材不足は中小企業・小規模事業者の経営上の大きな不安要素です。
多様な働き手が最大限能力発揮できる職場づくりや、設備導入等による生産性向上に取り組んでいる好事例を収集・分析し、人手不足対応への考え方を整理しました。

▼詳細
「経済産業省」(PDF)
詳しくはこちらへ

「経営力向上計画」の認定で固定資産税軽減
( 2019.12.15)

▼概要
中小企業・小規模事業者や中堅企業は、経営力向上のための人材育成や財務管理、設備投資などの取組を記載した「経営力向上計画」を事業所管大臣に申請していただき、認定されることにより中小企業経営強化税制(即時償却等)や各種金融支援が受けられます。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

経営自己診断システム
( 2019.12.15)

▼概要
本システムは、経済産業省・中小企業庁の主導により、中小企業金融の円滑化を図る目的で開発された中小企業信用リスク情報データベース(略称CRD)に蓄積されている約200万社の中小企業の財務データを用いて構築されています。
決算情報を入力すると、CRDに蓄積された同業他社の大量データと比較して、業界の中での貴社の各財務指標値の優劣を点検することができます。

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ


インターネットビジネスマッチング「日本政策金融公庫」
( 2019.12.1)

▼概要
日本政策金融公庫では、ビジネスチャンスを広げていただくための「場」として、インターネットビジネスマッチングサイトを運営しています。
全国の様々な業種の事業主が「売りたい」「買いたい」情報を無料で登録することができます。取扱い商品などを全国規模でPRするとともに、販売先や原材料の仕入れ先の確保などに活用できます。

▼詳細
「日本政策金融公庫」
詳しくはこちらへ

市場調査データ(独立行政法人中小企業基盤整備機構)
( 2019.12.1)

▼概要
小規模企業が独自に市場調査を行うのは難しいものですが、「独立行政法人中小企業基盤整備機構」では、インターネットによるアンケート調査で業種別の市場調査データを公開しています。
調査内容
・現在の利用状況
・利用頻度
・1回あたりの利用金額
・今後の利用意向
・潜在需要

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

年末調整がよく分かる!(国税庁)
( 2019.12.1)

▼概要
事業主は従業員に給与を支払う際、「源泉徴収税額表」に基づく所得税額を給与から源泉徴収して納付することになっていますが、その源泉徴収をした税額の合計額とその人の納めるべき年税額とはほとんど一致しません。
税額が一致しない理由
(1) 源泉徴収税額表は、年間を通して毎月の給与の額に変動がないものとして作られているが実際は年の中途で給与の額に変動があるため。
(2) 年の中途で扶養親族等に異動があっても、その異動後の支払分から修正するだけで、さかのぼって各月の源泉徴収税額を修正しないため。
(3) 配偶者特別控除や生命保険料、地震保険料の控除などは、年末調整の際に控除することになっているため。
この不一致を精算するのが年末調整で、1年間に徴収した源泉徴収税額と年税額との過不足額を計算して、その差額を本人から徴収又は還付します。
年末に行うことから「年末調整」と呼ばれています。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ


お問合せ
お気軽にお問合せください

お役立ち情報

連絡先

西村経営事務所

〒790-0966
愛媛県松山市立花1丁目9-12
アジア店装ビル302-E号
TEL 080−5667−1588
FAX 089−956−2841

メールでのお問合せはこちら